宅建業免許申請に欠かすことができない専任の宅地建物取引士。

免許申請、開業の準備の中で、必死に取引士を見つけて、最短最速で申請をしてほしいと依頼があります。

 

まず、その予定専任取引士(専取)さんの取引士証を見せてくださいとお願いします。

なぜか?

 

身分証明者や登記されていないことの証明の添付があり、その住所と取引士証の住所が違うことがあるからです。

また、業界に勤めていない人の場合は、有効期限が切れたままの状態があります。

 

住所変更をしていない場合は、宅建業免許申請と同時に「原本」を持参して裏書が可能ですが、期限切れの場合は、講習を受けて有効な取引士証を提示しないといけません。つまり、スケジュールが狂うわけです。

 

取引士証をお持ちのあなた!今すぐ確認してしましょう。

 

資格登録事項の変更

資格登録をされた方は、登録事項のうち氏名、住所、本籍及び宅建業の勤務先に変更が生じた場合、遅滞なく変更登録を申請しなければなりません(宅地建物取引業法第20条)。

なお、宅地建物取引業者が行う専任宅地建物取引士の変更届出により、資格登録の内容が自動的に変更することはありません。また、宅地建物取引士証の交付を受けていない方も変更登録申請が必要です。

 

 

お気軽にご相談ください

宅建業免許申請、保証協会入会、不動産会社設立などに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「宅建業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
宅建業免許新規申請宅建業免許更新手続き宅建業免許変更手続き会社設立手続きその他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■相談・問合せ内容(必須)

TOPページへ >>>