宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書

タイトルは長いのですが・・・

新しい会社に専任の宅地建物取引士として入社、あるいは、宅地建物取引士として入社する場合、かりに前の会社でも取引士として働いていたら、前の会社を退職したから、会社が登録を抹消してくれる、・・・または退職と同時に自動的に取引士の登録が消えると思ったら、大間違いです。

 

会社の宅建業免許の登録内容を取引士が退職し、新しい取引士に変更する手続きは当然必要ですが、宅建士個人の変更は、その宅建士自ら変更手続きをしなければなりません。これをしないと、ず~と前職に登録が残ったままになります。

 

宅建士が次の不動産会社に入社して、取引士登録をしようとしても、前職の登録が残った状態では、ダブってしまいますので登録ができません。(→大阪府では「変更登録」を提出しておいてくださいねという緩い指導に今はなっています。)

 

では、どうしたら良いのか?

会社の登録と宅建士個人の登録は別物と考えてください。

 

多くの場合、1.2.の方法があります。

1.退職すると会社から「退職証明書」または「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書」をもらいます。その退職証明書または「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書」と変更登録申請書(様式第7号)を提出します。

2.退職からだいぶ時間がたって、退職証明書がないなどの場合、年金事務所(管轄は関係なくどこの年金事務所でも大丈夫です)で、「被保険者記録照会回答票」を入手し、それと変更登録申請書(様式第7号)を提出します。

 

こうすることで、取引士として前職からの登録から抜けることができ、新しい職場で登録ができるようになります。

(→大阪府では「変更登録」を提出しておいてくださいねという緩い指導に今はなっています。)

 

もう一度、確認しておきましょう。

 

会社が行う専任の取引士に関する入社および退社等の変更届は、宅地建物取引業者として免許を受けた大臣または知事に届け出るものですから、その届出によって、取引士個人の資格登録が自動的に変更になることはありません。

 

あくまでも、取引士が個人として変更登録申請書(様式第7号)を提出してください。

 

大阪府 宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(様式第七号)

上段の申請者に氏名、生年月日、登録番号を記入し押印、下段の14の変更前に前職の会社名を記入し、コピーしたものと2部(正副)を宅建業の窓口に持参か郵送するだけです。

 

※宅建業免許新規申請日より前にこの変更登録をしておくのが理想ですが、免許申請と同時にこの変更登録を提出し受付ができます。もちろん変更登録申請書と退職証明書を準備していただけば、代行します。

 

お気軽にご相談ください

宅建業免許、保証協会加入、不動産会社設立などに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「宅建業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
宅建業免許新規申請宅建業免許更新手続き宅建業免許変更手続き会社設立手続きその他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■相談・問合せ内容(必須)

 

TOPページへ >>>