専任の宅地建物取引士の常勤性・専従性の証明

宅建業免許の新規申請で、最大の悩みはやはり「専任の宅地建物取引士」ですね。

社長自身が、宅建士の免許を持っていれば全く問題ないのですが、そうもいかず、宅建士を雇わないといけないケースがありますね。

 

宅建士の候補者が、宅建業免許申請で、通る人かどうか?別の候補者を捜さないといけないのかどうか?

それは、宅建士の専任性と常勤性を証明しなければいけません。

 

自治体の免許申請マニュアル(手引き)には、難しく文言で書いてあるけど、例外はないのか?と悩み、心配ですよね。

 

資本金を積んで、不動産業を開業するための法人を立ち上げたのだから、宅建士の選定で躓きたくはないのは当然です。目指す開業時期も逃したくない。当たり前のことが書いてある手引きの行間を読み?正当な証明書類とは何か?

※4月1日より専任の宅地建物取引士の常勤性・専従性の確認方法が改正されました。

 

弊所は、このように悩まれるケースで、専任の宅地建物取引士の専任性・常勤性の証明をクリアし、100%の免許取得率を継続している専門行政書士事務所です。

安心してご相談くださいね。

 

 

お気軽にご相談ください

宅建業免許、保証協会加入、不動産会社設立などに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「宅建業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
宅建業免許新規申請宅建業免許更新手続き宅建業免許変更手続き会社設立手続きその他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■相談・問合せ内容(必須)

 

TOPページへ >>>