不動産屋を開業するためには、免許を取得する必要があります。

免許がなければ営業できないので、当然ながら免許取得は最重要ポイントです。

開業には「宅地建物取引業」の免許と「宅地建物取引士」の資格(資格保持者を雇う方法もあり)を持っている必要があります。

また、申請には事務所を持っていることも条件ですから、開業する前に事務所を借りる必要もあります。条件次第ですが自宅でも可。

免許を取得をして、実際の営業を行うために、準備を終えてから申請をして、承諾されるまでに少なくとも1ヶ月程度はかかります。
1ヶ月後に開業して、いきなり仕事が軌道に乗る可能性は低いので、当面の事務所維持費は確保が必要です。

 

事務所の設置

営業を開始するために、事務所が必要なので、事務所を用意します。
事務所を借りる、あるいは自宅を事務所とする方法があります。小さな規模なら、自宅を事務所とすることでも良いでしょう。

 

会社の設立

個人でも免許を取得して営業することはできますが、仕事を行う上では法人の方が圧倒的に有利です。
法人として資格を得るためには、事前に会社を設立する必要があります。

会社の立ち上げは、スムーズにいって1週間~2週間かかります。
さらに、会社設立後に免許の取得となるため、トータルで考えると営業まで2ヶ月程度かかります。

仕事を続けながら開業を考えている人は、仕事を辞める前に少しずつ準備を進めるほうが良いでしょう。

 

宅建免許の取得

事務所が1つの場合は、その所在地の都道府県知事へ申請します。
複数の事務所を持つ場合には、国土交通大臣へ申請します。

また、免許を取得するには、以前働いていた会社で専任登録されている場合は、別途手続きが必要になりますのでご注意ください。
会社側で専任を解除してもらうことと、自分で勤務先の登録解除を行う必要があります。

 

不動産屋を開業するメリット

開業するメリットは、自分主体で営業を行うことができる点です。
やるべきことが増えるのは間違いありませんが、会社という組織に所属している時よりも圧倒的に自由度は高くなります。

また、契約さえ取れれば、大きな利益を得ることが可能です。

特に、不動産業は他の業界と比較しても、独立・新規参入がしやすい業界です。
在庫を抱えるような業務形態ではないので、リスクが低いと言えます。

もちろん、契約を取れなければ利益は出ませんけど。

 

開業資金の目安

事務所の家賃などにもよりますが、軌道に乗せるまでにどの程度の資金が必要です。
また、営業するために会社を設立する場合、別途お金がかかります。

不動産屋の開業を、会社を設立して行う場合は、およそ1000万円程度あればできると言われています。
自宅事務所や、節約できる部分をカットしたとしても、800万円程度は用意しておきたいところです。

 

お問合せ

当事務所は、会社設立から宅建業免許、協会加入までのフルサポートを得意としています。
宅建業免許、不動産会社設立などに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、
お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「宅建業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
宅建業免許新規申請宅建業免許更新手続き会社設立手続きその他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■相談・問合せ内容(必須)

 

TOPページへ >>>