専任宅建取引士の常勤性・専任性について

こんなご質問を受けました。

グループ会社から宅建取引士を出向させて専任にしたいと考えているが、その他に手続きで問題点はあるのでしょうか?

他の法人から出向する場合でも、「専取」にできます。

ただし、「出向証明書(社印押印)」または「出向辞令」が必要です。

もう一点、出向した会社が給料を支払うので、「住民税特別徴収税額通知書」(特別徴収義務者用と納税義務者用)を準備できればOKです。

特別徴収切替申請書を市区町村に提出したなら、受付印のある控えで大丈夫です。

つまり、上記の2点が専任取引士の常勤性と専任性の証明になりますので、宅建業免許申請の際はこれを準備しましょう。

お気軽にお問合せください

宅建業免許に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、
お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「宅建業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お見積・ご相談・お問合せ項目(必須)(✔を入れてください)
無料見積申請の相談新規申請更新手続会社設立その他

■お名前/会社名 (必須)

■住所 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■希望連絡先(必須)
メールに返信電話に連絡

■ご連絡可能な時間

■相談・問合せ内容(必須)

■その他連絡事項があればこちらへ

 

TOPページへ >>>